あなたの症状検索

ホッファ病

膝蓋下脂肪体の肥大や腫脹をきたす病態をホッファ病と言います。

膝蓋骨(皿の骨)と脛骨(すねの骨)の間をつなぎ、膝を伸ばすように働く膝蓋腱(膝蓋靭帯)の下層の関節内に脂肪組織があり、膝蓋下脂肪体といいます。

膝に負担のかかる運動をしたり、打撲、捻挫などのケガによってこの膝蓋下脂肪体に炎症(腫れて痛む状態)が起こり、膝蓋靭帯の両サイドに腫れを触れたり、その部分を押さえると痛む(圧痛)といった症状がみられます。

反張膝や転位した半月板損傷などの場合にみられる事もあり、炎症が強いときは、完全に膝を伸ばしたり曲げたりすることが困難になり、特に過度に膝を伸ばした時に痛みが出現します。

若年女性に多く、多くが両側性であると言われています。

スポーツなど膝に負担を避けることが重要です。

治療はアイシング、電気治療、超音波治療が有効です。

治療は長期間に及ぶ場合もありますが、根気良く治療しましょう。